ヒアルロン酸 化粧品 効果

ヒアルロン酸が配合された化粧品にはいったいどんな効果が期待できるのでしょう?
MENU

ヒアルロン酸を配合した化粧品や化粧水の効果について

ヒアルロン酸を配合した化粧品や化粧水が数多く発売されるようになりました。

 

果たしてその効果はどれくらいなのでしょうか。

 

 

浸透率とは

 

浸透率という言葉がありますが、もともと真皮に含まれているのですから、浸透率が高いということは真皮まで届いてヒアルロン酸の量を増やしてくれるのかと考えそうですが、そうではありません。

 

通常、化粧品に含まれるヒアルロン酸は分子が大きく真皮まで届きません。

 

だから効き目がないのではなく、皮膚の角質層に留まって水分の蒸発を防いでくれることで高い保湿力を発揮し、肌の潤いをキープしてくれるのです。

 

でもやっぱりそれでは満足できないのが女心です。

 

その女心に応えるべく、ヒアルロン酸は研究を重ねられ、様々な進化を遂げています。

 

 

進化するヒアルロン酸

 

その女心に応えるために開発されたのがナノ化という技術です。

 

超低分子のナノ化ヒアルロン酸は角質深層部まで浸透し皮膚の奥深くからの潤いを実感させてくれます。

 

その分子の大きさは通常のヒアルロン酸の100分の1以下で吸収量は19倍になります。

 

ナノ化のほかにも、保湿力を通常のヒアルロン酸の2倍に高めたスーパーヒアルロン酸や洗っても落ちずに長時間の潤いを可能にした吸着型ヒアルロン酸、立体的なネットのような3Dヒアルロン酸などがあります。

 

高い保湿力を発揮してくれるヒアルロン酸ですが、やはりお肌には個人差があります。

 

最後に答えを出してくれるのは自分の肌しかないのでしょう。

 

このページの先頭へ